富士ゼロックスの複合機は強力な文書ができます。

富士ゼロックスの複合機は強力な文書ができます。単純に紙に情報を印刷するということが出来るだけではなく、多くのかたちでの印刷ソリューションが実現できるといえます。以前では考えられないパンフレットやカタログの作成といったことも実現できます。もちろん定形外の大きなサイズのプリントを行うことも想定しての機能も多く搭載されています。そのために構成する大きなサイズのポスターに合わせてA4サイズの用紙で何枚必要なのか、どういうふうに構成するのかということを自動的に構成して印刷してくれます。最後はそれを貼り合わせることで、大きなポスターが制作できるというような機能もあります。単なるコピー機という印象ではなく、印刷の総合的な機能を持つ機器として変化しています。富士ゼロックスの複合機はその先端を行っているといえます。

複合機の、コストの安さなら富士ゼロックス

24時間出力サービスのkinkosが設置しているコピー機は、ほぼ富士ゼロックスです。電通のディレクターがコピーをお願いするのも「これ、ゼロしてー」です。キヤノン、エプソン等、他社の機種もあるのに、何故ゼロックスのシェアが多いのでしょうか。それは、圧倒的な安さです。キヤノン、エプソンの色の再現性の高さは、デザイナーにも周知の事ですが、それらはとにかく価格が高いです。ゼロックスの1.5~2倍です。そこまで色にこだわらなければ、情報としてはゼロックスで十分です。文字だけでなく、色にこだわったデザイン案の打合せだとしても、カンプに指定色のチップを添えれば良いし、デザイン案が決定したら、あとは印刷会社に色を指示すれば良いだけの話です。最低限の情報を、安く、大量に早くプリントしたい、また、事務所を始めたばかりの企業家が使用するなら、このゼロックス複合機は適しています。

富士ゼロックスの複合機は利口です。

富士ゼロックスの複合機は利口です。本当に多くの機能が満載していて更に使いやすく出来ている機器であるといえます。それは永年培ってきた技術と信頼の賜物でもあるといえます。実際に多くの機能の中にはユーザーからの指摘を真摯に受けとめて対応してきた結果が含まれています。具体的に挙げるとスキャンするときの両面読み取りの機能がそれにあたります。スキャンするときに両面の場合には、表面をスキャンしたあとに裏返して裏面をスキャンするという方法が採用されていて時間がかかっていたということがあります。それを両面読み取りに変更することで半分の時間に短縮したということになります。それは本当に小さなことかも知れないですが本当に助かるポイントでもあります。本当に大切になってくるのは細かな改良であるということを忘れなかった結果です。